光寿院

ひかり と いのち の なかま

 ご案内

光寿院(こうじゅいん)は、浄土真宗の僧侶 酒生文弥(さこう・ふみや)が代表(院主いんじゅ)を務めるサンガ(仏法につどう仲間)です。
世界のあらゆる宗教の三つのかたちとそのつながりを学び、真実のご信心とお念仏をいただき、ともに、この世と来世を最高に生かされて行くサンガです。
どうぞお気軽にご連絡ください。ご縁をお待ち申し上げております。



葬儀 法事

 プロフィール

酒生文弥(さこう・ふみや)   Tel. 090-9814-0868

昭和31年9月8日 福井市篠尾町にて 浄土真宗本願寺派浄福寺(753年創建)の長子に生まれる
昭和55年3月31日 早稲田大学政治経済学部卒業
昭和57年3月31日 ㈶松下政経塾(第1期生)、2年修了
昭和62年3月31日 龍谷大学大学院博士後期課程修了(仏教学・比較宗教学)
(同大学院から昭和59年9月~昭和60年8月カリフォルニア大学大学院宗教学研究科へ文部省奨学生として留学
 昭和61年1月~12月ニュージャージー州立ラトガース大学大学院へロータリー奨学生として留学)
浄土真宗本願寺派 得度(僧籍)、教師(住職資格)、顕座(僧侶最高位)
浄福寺副住職、厳正寺(東京都大田区)副住職を歴任。
平成23年10月20日 真照寺住職就任(平成31年3月31日退任して光寿院に専念予定)
平成26年11月 ダライ・ラマ法王と対談。
この間、龍谷大学文学部(平和学)、武蔵野女子大学人間関係学部(世界文化史)、中央大学総合政策学部(英語による比較宗教)などで教鞭を執る
平成30年8月 ダライラマ法王日本代表部でルントク代表と懇談。本年、インドのダラムサラでダライラマ法王と再び対談させて頂く予定です
「西洋の科学と東洋の智慧の幸せな結婚 ー 私たちはAIを仏陀にできるか? ー」
AIR(AI-IoT-Robot)文明が空気のように充ちて行き、私たちの暮らしは激変します。人間はこの世を「お浄土の彼岸(証の世界)」に近づけられるのでしょうか?この問題に真剣に取り組まれているダライラマ法王に直接お聴きします。
内容はこちらからダウンロードできます。